花きの生理生態の解明とそれを利用した低炭素社会実現のための生産技術開発

花きの生理生態の解明とそれを利用した低炭素社会実現のための生産技術開発

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜26
年度2011
概要 主力品目の生理生態を人工気象室等を利用して解明し、それをもとに暖房コストなどの低減が可能な栽培技術を開発する。
、1 主要品目の開花生理把握
、2 低炭素生産技術の開発
研究分担花き部
予算区分県単
業績(1)秋ギク‘神馬’における低コスト夜温管理の検討
(2)スイートピーにおける高温障害発生の品種間差異
(3)地温がスイートピーの幼苗に及ぼす影響
(4)スイートピーにおける凍害後の管理と障害の症状
(5)スイートピーにおける凍害後の管理と障害の症状
(6)スイートピーにおける凍害後の管理と障害の症状
(7)秋ギク「神馬」の親株に対するベンジルアミノプリン処理が挿し穂の発根および切り花の生育に及ぼす影響
(8)秋ギク「神馬」の親株に対するベンジルアミノプリン処理が挿し穂の発根および切り花の生育に及ぼす影響
(9)秋ギク「神馬」の親株に対するベンジルアミノプリン処理が挿し穂の発根および切り花の生育に及ぼす影響
(10)日長延長処理がスイートピーの開花と切り花形質に及ぼす影響
(11)日長延長処理がスイートピーの開花と切り花形質に及ぼす影響
(12)日長延長処理がスイートピーの開花と切り花形質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183609
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat