脱石油新暖房システムと果実炭素収支に基づく省エネ施設果樹栽培 、(ヒートポンプ活用によるマンゴーの生産性向上技術確立:実用技術開発事業)

脱石油新暖房システムと果実炭素収支に基づく省エネ施設果樹栽培 、(ヒートポンプ活用によるマンゴーの生産性向上技術確立:実用技術開発事業)

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H21〜23
年度2011
概要ヒートポンプを活用して、温度と湿度調節を中心とした栽培技術の解明と冷房機能を活用した花芽誘発効果の解明を行う。
、あわせて、ヤニ果発生のメカニズム解明を行う。
、1栽培技術開発と花芽誘発効果の解明
、2ヤニ果発生防止のための果皮構造の解明
、(佐賀県、大分県、宮崎県、鹿児島県、九州大学農学部他)
研究分担亜熱帯作物支場
予算区分受託
、(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183637
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat