集荷・選果情報を活用した営農支援モデルの開発(タンカン)

集荷・選果情報を活用した営農支援モデルの開発(タンカン)

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜23
年度2011
概要選果情報を用いて生産概要を調べた結果、栽培現場では、L、M主体の生産で、隔年結実が激しいことが明らかとなり、着果(花)調節技術の普及・定着が必要なことを確認した。一方、市況情報からは作柄による価格変動が大きいことが確認され、安定生産(供給)の重要性が示された。また、特秀、秀、2L、Lが有利に取引され、これが生産目標となることを明らかにした。選果情報の活用を検討した結果、搬入量や階級・等級の格付実績の追跡によって、連年結実や高品質化対策の実施状況が把握できること、また、農家の総合評価に基づく序列化によって技術水準が推定できることを確認し、営農支援手法の一つとして「農家評価の実施」を提案した。
研究分担農業システム開発班
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183889
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat