温暖な気候を活かしたそば春まき栽培の生産技術確立と産地形成(春まきそばの品質評価、製品開発と南西諸島への導入効果:沖縄県における「そば」栽培の展開・定着条件の解明:沖縄県大宜味村の「そば」栽培の収益性評価)

温暖な気候を活かしたそば春まき栽培の生産技術確立と産地形成(春まきそばの品質評価、製品開発と南西諸島への導入効果:沖縄県における「そば」栽培の展開・定着条件の解明:沖縄県大宜味村の「そば」栽培の収益性評価)

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2011
概要大宜味村の「そば」は、ほ場準備〜は種・収穫の一連の作業がほぼ機械化され、作業は疎らに分散し、年間の作業量は10.6h/10a・2作と少ないこと明らかにした。土地利用型作物を対象に複合化等を検討した結果、サトウキビでは1〜8月(夏植体系)、1〜5月(春植体系)に、また、パインアップルにおいても11〜7月に休耕期間が生じ、この時期への組入(間作)が可能なことを示した。
研究分担農業システム開発班
予算区分特定財源
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183892
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat