冬春期収穫アテモヤの樹体管理による大玉果安定生産技術の開発(剪定時期が果実の収穫時期および果実特性に及ぼす影響) 、1.剪定時期が着花・着果におよぼす影響

冬春期収穫アテモヤの樹体管理による大玉果安定生産技術の開発(剪定時期が果実の収穫時期および果実特性に及ぼす影響) 、1.剪定時期が着花・着果におよぼす影響

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2011
概要八重山地域における剪定時期が着花や着果におよぼす影響について調査した。また、今年度は着果確認後生理落下が多くみられたことから、気象要因と生理落下との関連性を検討した。
研究分担石垣支所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184032
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat