冬春期収穫アテモヤの樹体管理による大玉果安定生産技術の開発(大玉果に適した葉果比の検討) 、3.大玉果生産のための要因解析(2012年収穫果)

冬春期収穫アテモヤの樹体管理による大玉果安定生産技術の開発(大玉果に適した葉果比の検討) 、3.大玉果生産のための要因解析(2012年収穫果)

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2011
概要秋剪定を用いたアテモヤの春実栽培は、着果から収穫までの期間が台風シーズンを避けられるためリスクの少ない作型と考えられ、冬春期出荷可能な品目として有望である。しかし、アテモヤは果実の大きさが安定せず、収量が安定しないことが問題となっている。そこで本試験では、樹の特性や枝の特性などから大玉果生産に必要な条件を特定する。
研究分担石垣支所
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184033
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat