精子の凍結保存技術および人工授精技術の確立

精子の凍結保存技術および人工授精技術の確立

県名沖縄県
研究機関名沖縄県畜産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H22〜H24
年度2011
概要豚精子の凍結法および凍結精液を利用した人工授精技術の確立によって、細菌やウイルスなどの病原体拡散の危険性が抑えられ、種豚の生体での導入や液状精液の流通より、伝染性疾病伝播リスクが低い効率的授精法の普及が期待できる。品種・季節などによる精液性状の特性を把握し、精液特性に最適な浸透圧・グリセロール濃度などの凍結希釈液の条件の検討および人工授精の実証試験を行う。
研究分担飼養環境班
予算区分受託
業績(1)アグー精子の凍結処理工程における精子前処理液と室温静置時間
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184046
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat