NC−622液剤を用いたリードカナリーグラス駆除法の開発

NC−622液剤を用いたリードカナリーグラス駆除法の開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部上川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜24
年度2012
概要目的  リードカナリーグラスに対するNC−622液剤の耕起前の秋散布と翌春の播種前散布を組み合わせた体系処理の効果を検討する。
、方法 本年は草地造成後の前植生のリードカナリーグラスの再生を確認する。 調査項目:収量、草種毎の重量割合。
、結果 本年はチモシーの利用を前提とした2回の刈取を行った。2番草で収穫物全体に占めるリードカナリーグラスの重量割合が増加した。体系処理した区でリードカナリーグラスの重量割合が最も少なかった。
研究分担天北支場
、地域技術G
予算区分受託
、(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184257
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat