天北地域におけるとうもろこし安定栽培区分の策定と簡易・安定栽培技術の開発

天北地域におけるとうもろこし安定栽培区分の策定と簡易・安定栽培技術の開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部上川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2012
概要目的 天北地域の冷害リスクを明らかにした安定栽培マップを作成する。また、当地域で簡易で安定的な飼料用とうもろこしの栽培法を開発する。
、方法
、a. 栽培限界地域の気象解析。場内試験:極早生3品種。処理:播種時期および収穫時期。現地試験:栽培限界地域3市町村4地点、栽培適地2町2地点。調査項目:単純積算気温、生育調査および収量。 
、b. 狭畦栽培の適用性評価。試験場所:場内、現地(猿払村)。試験処理:栽植様式3処理(狭畦区50cm×株間20cm、慣行区72cm×株間18cm、慣行密植区72cm×株間14cm)。施肥法:側条、全層。調査項目:生育調査および収量。
、c. 播種床造成法の簡略化。試験場所:場内および現地(浜頓別町)。試験処理:簡略化区 プラウ→ディスク、慣行区 プラウ→ロータリ。播種機:不耕起播種機(全区共通)。調査項目:砕土率、出芽個体数、収量。
、結果
、a. 場内試験ではこれまでと同様に、単純積算気温と雌穂乾物率の間に強い相関関係があった。現地試験では栽培期間の単純積算気温は2090〜2361℃であり、子実の熟度は平年よりやや進んでおり、糊熟後期から黄熟中期に達していた。
、b.側条施肥は全層施肥に比べ、いずれの栽植様式においても収量は多収であった。、側条施肥の条件では狭畦区と同程度の栽植本数とした慣行密植区は狭畦区と収量に大きな違いは無く、慣行区に比べ、多収であった。
、c.各圃場の砕土率は慣行区に比べ、簡略化区は低かったが、簡略化区の出芽率は場内、現地のいずれでも90%以上で慣行区と差は見られなかった。生育も両区とも同様で、収量に差は見られなかった。
研究分担天北支場
、地域技術G
予算区分受託
、(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184258
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat