草地における温室効果ガス排出・吸収量精密測定とポテンシャルの評価

草地における温室効果ガス排出・吸収量精密測定とポテンシャルの評価

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部根釧農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2012
概要【目的】飼料生産性の向上と土壌炭素の蓄積、温室効果ガス排出削減をめざした、実効性のある草地管理法を提示する。
、【成果】堆肥区と化学肥料区との渦相関法によるNEPは同程度からやや少なく、地上部NPP、有機物分解量はやや多く、生態学的手法によるNEPは同程度であった。また、2番草後の再生草を含めた場合、地上部NPPは0.3tC/10a程度増加した。
研究分担根釧飼料
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184383
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat