次世代農業を支える品種開発レボリューション事業(牧草)

次世代農業を支える品種開発レボリューション事業(牧草)

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、H23〜24
年度2012
概要a 試験目的:極早生〜晩生の4熟期において、収量性、耐病性、耐倒伏性、混播適性および 飼料成分などを向上した採草用系統の開発および道東地方向けの放牧用系統の開発に取り組む。 b 試験方法:各試験とも、系統適応性検定試験実施要領、種苗特性分類調査法および作物育 種グループ(牧草)慣行法などで実施した。供試面積 150a。
、 c 成績の概要:
、 (a)牧草における夏期隔離温室利用による系統合成の加速化と冬季温室利用による耐病性選抜の効率化:1)隔離温室内において、早生1集団、中生2系統および中生2集団の交配と採取を行った。2)中生の4育成系統について斑点病幼苗接種検定を行った。斑点病罹病程度の個体平均は、抵抗性が“強”の「キリタップ」と比べ「北系11302」、「北系11303」および「北系11305」は同程度、「北系11304」がやや高かった。いずれの育成系統も抵抗性個体数割合は、「キリタップ」と比べ同程度であったが、「北系22303」を除く3系統は感受性個体数割合が高かった。斑点病罹病程度におけるMann-WhitneyのU検定の結果、「キリタップ」と比べ4系統とも有意差は認められなかった。しかし、抵抗性が“強〜極強”の「アッケシ」と比べると「北系11304」は有意に高かった。
、 (b)高競合力・障害抵抗性チモシー品種の選抜強化:1)早生基礎集団の養成ならびに個体選抜試験において、播種後2年目の生育調査を行い、選抜候補個体として2,154個体を選抜した。選抜候補個体群は、「なつちから」と比べ、越冬生がやや優れ、早春の草勢でやや優れた。出穂始めが1日早く、1番草の草高がやや高かった。2番草の節間伸長程度が高く、2番草の病害罹病程度が少なかった。2)耐踏圧性の選抜に関する試験では、親栄養系と後代系統の播種後3年目の生育について比較した。親子相関から推定した耐踏圧性の指標の狭義の遺伝率は0.35と低く、耐踏圧性の選抜は後代検定試験で行う必要があると考えられた。3)オーチャードグラスとの混播条件でチモシーの早生733個体の生育調査を行い、3年目までの結果から永続性に優れる24個体を選抜した。
、 (c)牧草育種における飼料品質の効率的な評価法の開発と選抜への応用:1)中生選抜栄養系評価試験における2年目の調査結果から選抜した優良栄養系を用いて次年度からの生産力検定試験のために3系統(「北系12301」、「北系12302」および「北系12303」)の合成を行った。それら3系統毎の構成栄養系平均では、「キリタップ」親栄養系平均と比べ、Ob含量で1.7〜2.7ポイント低く、Ob/OCWで1.2〜1.4ポイント低く、WSC含量で1.3〜3.2ポイント高かった。また、農業形質についても「キリタップ」親栄養系平均と同程度以上に優れる傾向にあった。2)晩生生産力検定試験では7系統を供試し、2年目の調査を行った。その結果、「なつさかり」と比べ、1番草のOb含量とTDN含量で「北系10315」、「北系10319」および「北系10321」が有意にに優れ、WSC含量では1番草で「北系10315」と「北系10318」を除く5系統が、2番草で「北系10317」が有意に高かった。栄養価形質に重点を置いて選抜育成した「北系10317」はとくに優れる傾向であった。年間合計TDN収量では「北系10315」、「北系10316」、「北系10319」および「北系10321」が「なつさかり」対比5%以上の多収を示した。3)早生栄養価選抜基礎集団の2年目の調査結果、15母系に属する30個体を選抜した。その選抜個体平均は、「ノサップ」親栄養系平均と比べ、Ob含量で2.6ポイント低く、Ob/OCWで1.1ポイント低く、WSC含量で3.9ポイント高かった。また、農業形質も同程度以上に優れる傾向にあり、とくに2番草の再生草勢と早勢で優れた。 (d) 次世代農業を支える作物育種の効率化:1)早生基礎集団の養成ならびに個体選抜試験に供試した材料の後代検定試験において、播種後2年目の生育および収量調査を実施した。32後代系統を選抜し、個体選抜試験((b)1))における母系の選抜に反映した。2)晩生生産力検定試験((c)2)と同試験)の2年目の調査結果、「なつさかり」と比べ、越冬性で「北系10315」が有意に優れた。斑点病罹病程度で「北系10315」および「北系10316」が低い傾向にあった。1番草の倒伏程度で「北系10317」および「北系10321」が有意に高かった。乾物収量では1番草で「北系10315」、「北系10316」および「北系10321」がやや多く、年間合計でこれら3系統が5%以上の多収を示した。3)育成品種「なつちから」、中生5系統(「北見31号」、「北系11302」、「北系12301」、「北系12302」、「北系12303」)の採種を行った。
研究分担作物育種グループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184438
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat