アカクローバ育成系統特性評価

アカクローバ育成系統特性評価

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、H24
年度2012
概要 a 試験目的:北農研センターで育成したアカクローバ晩生系統の当地域における適応性を検討する。
、 b 試験方法:4品種系統。チモシー「キリタップ」混播。系統適応性検定試験実施要領により実施。供試面積は2a。
、 c 成績の概要:播種後4年目の生育と収量の調査を行った。「北海16号」はアカクローバ収量が標準品種「アレス」より少なく、チモシーとの合計収量も少なかった。「北海17号」は各番草ともアカクローバ収量が「アレス」よりやや多く、チモシーとの合計収量は年間合計で「アレス」比109%と多収を示した。「北海17号」が北海道優良品種に認定された。
研究分担作物育種グループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184447
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat