オホーツク地域における客土材の土壌分析

オホーツク地域における客土材の土壌分析

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、H24〜
年度2012
概要 a 試験目的:客土材の土壌分析・評価を行い、客土材としての適性判断に資する。
、b試験方法:次の項目について土壌分析を実施し、その結果に基づき客土材としての適否を評価する。粒径組成・土性(国際法、農学会法)、風乾土水分、腐植、容積重、孔隙率、三相分布(pF1.8)、飽和透水係数、有効水分量、pH(水)、塩基交換容量、リン酸吸収係数、有効態リン酸、交換性石灰。
、 C 成績の概要:卯原内中央地区(網走市)、小清水北地区(小清水町)、女満別東部高台地区(大空町女満別)、美幌田中地区(美幌町字駒生)、美幌美禽(美幌町高野)、常呂土佐・常呂岐阜・常呂豊川地区(北見市常呂町)、北見南地区(北見市本沢)、佐呂間地区(北見市北陽)および佐呂間地区(佐呂間町)の計9土取場の客土材の土壌分析を実施した。詳細は別途報告した。
、 
研究分担生産環境グループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184457
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat