乳汁による牛白血病ウイルス伝播経路の解明

乳汁による牛白血病ウイルス伝播経路の解明

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜24
年度2012
概要目的:搾乳時の乳汁による乳頭を介した牛白血病ウイルス(BLV)の伝播経路を明らかにするために、人工的な感染試験を行ない、その後の感染成立の有無を検討する。
、成果:乾乳牛の乳頭槽内に牛白血病ウイルス(BLV)を遺伝子量として43コピー/1回注入することにより3頭中2頭が感染した。また、泌乳牛でも2.4×104コピー/3回の乳頭槽内注入により1頭が感染した。このことから、BLVの乳房内侵入による感染の危険性を明らかにした。
研究分担家畜衛生グループ
予算区分受託
、(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184523
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat