現場で使える牛ヨーネ病の目視判定法の開発

現場で使える牛ヨーネ病の目視判定法の開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜24
年度2012
概要目的:LAMP法の優位性を活かし、簡便な操作で迅速に培養コロニーのヨーネ菌同定を行うことができる蛍光目視の判定系を開発する。
、成果:ヨーネ菌特異的で反応時間の短いLAMP用プライマーセットを選定し、ヨーネ菌分離培養法において培地上に発現した細菌コロニーを蛍光目視により判定できる方法を開発した。本法は、これまでと比べて簡便、迅速かつ高額な機器を必要としないヨーネ菌同定法として活用できる。
研究分担畜産工学グループ
予算区分受託
、(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184529
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat