牧草サイレージを最大限摂取させるための繊維分画の消化速度を考慮した飼料設計手法の確立

牧草サイレージを最大限摂取させるための繊維分画の消化速度を考慮した飼料設計手法の確立

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜26
年度2012
概要目的:飼料自給率向上を目指し、イネ科主体牧草サイレージのNDF消化速度と乾物摂取量、乳生産性との関係を明らかにし、自給粗飼料を最大限活用した飼料設計方法を提示する。
、成果:根釧農試での飼養試サンプルについて成分分析を行った。
研究分担飼料環境グループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184541
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat