漁場生産力の有効活用によるアサリ母貝場造成および新規創出技術開発

漁場生産力の有効活用によるアサリ母貝場造成および新規創出技術開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部中央水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
、H22〜24
年度2012
概要親貝となるアサリの成熟・産卵といった再生産能力と餌料フラックスを中心とした環境指標との関係を評価するための現場試験及び室内実験を実施し,成熟・産卵に対する制限要因の特定と成熟・産卵を確保できる基準を策定する。
研究分担資源増殖部
予算区分受託(水産庁)
業績(1)ホタテガイ貝殻を活用したアサリ増殖場造成試験
(2)アサリの非対称殻模様出現頻度における地域差
(3)アサリの成長・生残に適した生育場選定手法の開発
(4)サロマ湖のアサリの成長に及ぼす餌料供給量の影響について
(5)アサリ殻模様の非対称型出現頻度の地域差
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184614
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat