2 林業の健全な発展及び森林資源の循環利用の推進 、(ア)林業の持続的な発展のための研究開発 、 8)森林資源の充実を図る育林技術の研究と開発 、林分状況に応じたカラマツ人工林単木管理手法の提案

2 林業の健全な発展及び森林資源の循環利用の推進 、(ア)林業の持続的な発展のための研究開発 、 8)森林資源の充実を図る育林技術の研究と開発 、林分状況に応じたカラマツ人工林単木管理手法の提案

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜26
年度2012
概要目的:カラマツ人工林の林分状況に応じた単木管理手法を提案するため、樹冠長などを指標とした将来の優良木の選定手法と実現可能な目標径級の設定方法を提示するとともに、林分内の空間配置を考慮し、優良木の育成を効率的に図るための間伐方法を明らかにする。
、計画:(1)将来の優良木の選定手法及び生産目標の設定方法の提案、(2)単木の直径成長に及ぼす局所的競争効果の影響評価、(3)林分状況に応じた単木管理指針の作成
研究分担経営G
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184788
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat