食品加工副産物の有効活用のための機能性天然色素素材の開発

食品加工副産物の有効活用のための機能性天然色素素材の開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構産業技術研究本部食品加工研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完22-24
年度2012
概要食品加工副産物や未利用農水産物に含まれているカロテノイドやアントシアニンなどの機能性を持った天然色素を有効活用するために、加工副産物等からの効率的な抽出技術と抽出した色素の安定化技術を確立し、天然色素素材の開発を行う。また、それら天然色素素材の抗酸化作用や抗肥満、抗腫瘍などの健康機能に関する機能性評価を行う。これらの結果を基に、食品への機能性を活かした天然色素素材の効率的な活用方法を検討する。
研究分担食品開発G
予算区分 重点研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184919
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat