新たな光・温度制御による花き栽培技術の開発

新たな光・温度制御による花き栽培技術の開発

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター農林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜25
年度2012
概要目的:キクを代表とする短日性花きとトルコギキョウを代表とする長日性花きについて、近年新たに開発された機器の利用や新たな技術を組合せて、効率的で低コストな開花調節方法などを開発する。
、結果:1)キクの抑制栽培に用いる白熱灯の代替として2光源を選定し、加温は10℃で切り花品質に影響の少ないことを確認した。2)トルコギキョウの秋季栽培における品質向上に2光源が有望であり、温度は局所加温により低コスト化が可能である
、ことが示唆された。3)ハイブリッド暖房の経済性と、ラナンキュラス及びキンセンカの生育・開花状況を調査している。(冬作)
研究分担花き部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184949
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat