寒冷地型植物工場モデル総合実証事業

寒冷地型植物工場モデル総合実証事業

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター農林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜25
年度2012
概要目的:県内に植物工場を普及させるために、平成22〜23年度に実施した「寒冷地型植物工場技術開発普及事業」等の研究成果を踏まえた経営モデルの実証・展示や栽培技術の開発を行う。
、結果:1)来年度のビジネスモデル作成に向けて、サラダホウレンソウ、コマツナ、非結球レタス類(リーフレタス等)、ミズナ、ホワイトミニセロリ、パセリの周年栽培を行い、収量性を明らかにした。2)植物工場の栽培技術等の習得のため通年で研修を実施した。3)夏秋イチゴの栽培後、同システムを用い、冬春トマトの低段密植栽培試験を行い、収量性調査を継続中である。
研究分担施設園芸部
予算区分受託(地方公共団体)
業績(1)CCFL(冷陰極蛍光ランプ)を利用した光中断によるシソの抽だい抑制効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184951
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat