涼しい夏を活かす!国産夏秋イチゴ安定多収技術の開発・実証 、1 花成制御による夏秋イチゴ安定多収技術の開発 、(1)電照処理時間の設定及び光源の選定 、 イ 温度制御下での長日処理効果 、

涼しい夏を活かす!国産夏秋イチゴ安定多収技術の開発・実証 、1 花成制御による夏秋イチゴ安定多収技術の開発 、(1)電照処理時間の設定及び光源の選定 、 イ 温度制御下での長日処理効果 、

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター野菜研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:四季成りイチゴ「なつあかり」の連続的花成を誘導する長日処理法を確立するため、当年苗を用い、グロースチャンバー内で長日処理方法及び光源の違いが、花芽分化発達に及ぼす影響を明らかにする。
、成果:6〜9月採苗の当年苗に対して、白熱灯による24時間日長処理で著しい花芽分化発達促進効果が認められた。また、6月6日採苗では、白熱灯暗期中断による長日処理でも花芽分化が促進された。しかし、電球型蛍光灯、直管蛍光灯では花芽分化が促進されなかった。
研究分担栽培部
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030184988
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat