8.りんご病害虫の発生動向に応じた新防除技術の開発 、 1)防除が困難なりんご病害虫の生態解明と防除技術の確立 、 (10)各種薬剤の防除効果及び効率的に防除する新しい防除法の開発 、 エ.ミダレカクモンハマキの薬剤感受性 、 (ア) 大鰐町個体群

8.りんご病害虫の発生動向に応じた新防除技術の開発 、 1)防除が困難なりんご病害虫の生態解明と防除技術の確立 、 (10)各種薬剤の防除効果及び効率的に防除する新しい防除法の開発 、 エ.ミダレカクモンハマキの薬剤感受性 、 (ア) 大鰐町個体群

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2012
概要目的:本年は一部園地でミダレカクモンハマキの発生が目立った。そこで、多発園におけるミダレカクモンハマキの殺虫剤に対する感受性検定を行い、発生要因を解明する。
、成果:ミダレカクモンハマキ幼虫に対して、ファイブスター顆粒水和剤及びフェニックス顆粒水和剤は高い効果が認められたが、アタブロンSCは効果が劣った。
研究分担病虫部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185134
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat