8.りんご病害虫の発生動向に応じた新防除技術の開発 、 2)2化型リンゴコカクモンハマキの越冬生態の解明と防除法の開発 、 (6) 夏季における各種殺虫剤の効果(圃場試験)

8.りんご病害虫の発生動向に応じた新防除技術の開発 、 2)2化型リンゴコカクモンハマキの越冬生態の解明と防除法の開発 、 (6) 夏季における各種殺虫剤の効果(圃場試験)

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2012
概要目的:落花期における各種殺虫剤のリンゴコカクモンハマキに対する効果は、殺虫剤の種類によって異なることが明らかになった。そこで、夏季における効果についても違いがあるか検討する。
、成果: カスケード乳剤及びアタブロンSCのリンゴコカクモンハマキに対する防除は落花期と夏季のいずれも高かった。一方、落花期防除で効果の低かったフェニックスフロアブル、サムコルフロアブル、ロムダンフロアブルは夏季における散布では効果が高く、散布時期により効果の違いが見られた。
研究分担病虫部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185143
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat