キュウリ栽培で問題となる病害の防除技術確立 、

キュウリ栽培で問題となる病害の防除技術確立 、

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜H24
年度2012
概要【目的】キュウリホモプシス根腐病においてはクロピク土壌消毒に変わる防除技術、黒星病においては薬剤耐性菌対策を含めた防除技術を確立する。
、【得られた成果】両病害に対する新たな防除技術の提示
研究分担病理昆虫研究室
予算区分国庫補助(農林水産省)、県単
業績(1)転炉スラグを用いた土壌pH改良によるキュウリホモプシス根腐病の被害軽減
(2)露地夏秋作型の自根キュウリにおいて確認された黒点根腐病について
(3)キュウリホモプシス根腐病に対するクロルピクリンくん蒸剤を用いた深層土壌くん蒸処理の防除効果
(4)キュウリ黒星病に対する感受性の品種間差異
(5)現地生産圃場での転炉スラグを用いた土壌pH改良によるキュウリホモプシス根腐病の被害軽減効果
(6)転炉スラグを用いた土壌pH改良によるホウレンソウ萎凋病の発病抑制
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185406
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat