生産農場におけるバークシャー種豚群の遺伝的改良システムの構築

生産農場におけるバークシャー種豚群の遺伝的改良システムの構築

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜H27
年度2012
概要【目的】バークシャー種は国内資源が限られており、生産性向上のための種豚改良も進んでおらず、生産性の悪化を招くことが危惧されている。そこで、生産者種豚群と当所種豚群によって新たな遺伝的改良システムを構築する。
、【予定成果】 遺伝的改良システムの構築
研究分担家畜育種研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185414
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat