不耕起栽培トウモロコシを導入した寒冷地向け飼料作物周年作付体系の確立

不耕起栽培トウモロコシを導入した寒冷地向け飼料作物周年作付体系の確立

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜H26
年度2012
概要【目的】トウモロコシ不耕起栽培におけるライ麦導入のための再生残草及び畑地雑草の制御法を明らかにし、飼料作物の1年2作体系を確立する。
、【予定成果】トウモロコシ不耕起栽培での飼料作物二毛作体系の確立(8t/10a)、不耕起栽培に適した肥培管理技術の確立
研究分担家畜飼養・飼料研究室
予算区分受託(独法)
業績(1)二毛作体系におけるライ麦収穫期が不耕起栽培飼料用トウモロコシ収量に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185432
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat