回遊性漁業資源の利用技術の開発

回遊性漁業資源の利用技術の開発

県名岩手県
研究機関名岩手県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H11〜25
年度2012
概要目的:サバ類やブリ、スルメイカ等の回遊性資源について、国及び関係都道府県の研究機関と協力して資源調査等を実施し、資源評価票の作成及び漁況予測を行うことにより資源の持続的利用を図る。
、計画:回遊性魚種の資源動向のモニタリング、市場調査・調査船による漁場調査等の実施。
、成果:水産総合研究センターを主体とした平成24年度資源評価票及び長期漁海況予報の作成と発行を行った。また、本県沿岸域で夏季に漁獲されるスルメイカ北上群について、定置網における漁獲特性の評価並びに小型イカ釣漁業の実態把握を行った。
、残された課題:回遊性魚類については、海況等の影響により地先海域での漁獲水準が必ずしもABCを反映しているとは限らない。従って、地先海域特有の資源の来遊パターンを把握し、地域の実態に即した資源評価を行う必要がある。
研究分担漁業資源部
予算区分受託(水産庁)/
、県単
業績(1)岩手県沿岸域におけるスルメイカ北上期の定置網漁獲特性と変動要因の推定
(2)岩手県沿岸域におけるスルメイカ北上期の定置網漁獲特性と変動要因の推定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185479
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat