津波によるアワビ、ウニ等磯根資源への影響に関する研究

津波によるアワビ、ウニ等磯根資源への影響に関する研究

県名岩手県
研究機関名岩手県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震及び津波による磯根資源への影響を調査する。
、計画:震災前のデータがある地区で枠取り調査を実施し、磯根生物の生息状況を調査する。
、成果:県北部はアワビ、ウニ類ともに震災による影響は小さいと考えられる。県中部・南部では平成24年にはキタムラサキウニの加入が多く急速に回復したが、アワビ稚貝は低水準のまま推移している。
、残された課題:アワビ稚貝が少ない状態が続いており、2〜3年後の資源状態悪化が懸念されることから、年級群別に資源状態を把握し、資源管理方策の検討が必要。
研究分担増養殖部
予算区分県単
業績(1)岩手県中部沿岸における震災による磯根動物群集の変化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185483
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat