主要湾の津波以降の漁場環境の把握

主要湾の津波以降の漁場環境の把握

県名岩手県
研究機関名岩手県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:県内主要9湾において震災前と震災後の水底質を比較し、漁場回復・変化の状況を広報することで、現状の環境に沿った漁場の高度利用に資する。
、計画:昨年までに調査未実施1湾(北里大対応)ほか1湾での調査継続。硫酸還元細菌による漁場評価の可能性把握。
、成果:水質(8項目)底質(4項目)のデータから、水質環境に異常は見られないが、底質環境は大きく変化。
、残された課題:湾口防波堤復旧工事など今後も物理環境が変化することから、漁場の低酸素化や餌料環境の変化による養殖生産物への影響などを注視。
研究分担漁場保全部
予算区分県単
業績(1)岩手県沿岸域における水質分布の時間変動
(2)岩手県沿岸域における水質の鉛直構造と時間変動
(3)岩手県沿岸域内湾の貝類養殖場における津波後の底質とその評価
(4)東日本大震災の津波による岩手県内湾域における底質環境と底生生物群集の変化
(5)Post-Tsunami change in circulation and water quality in the Kamaishi Bay
(6)津波による釜石湾湾口防波堤の破壊が湾内環境に及ぼす影響
(7)釜石湾および大船渡湾における水質・底質の実態とその回復状況の把握
(8)岩手県沿岸域内湾における漁場環境の変化について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185495
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat