寒冷地に適した低コストで環境に優しい花き生産技術の確立

寒冷地に適した低コストで環境に優しい花き生産技術の確立

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜24
年度2012
概要目的:
、 低コスト生産可能な輪ギク新品種の検索と小ギクの短茎栽培技術を確立するとともに,新たな日長処理技術や温度管理技術を確立し,寒冷地に適した低コストで環境にやさしい花き生産技術を確立する。
、期待される成果:
、 (1)低コスト生産可能な輪ギク新品種と,ホームユースサイズに対応したコギクの栽培技術の確立により,低コスト品種を用いた低コスト栽培技術の普及が期待される。
、 (2)短日植物(キク類)等について,効率的な電照方法や温度管理方法の確立により,光熱費の削減による環境にやさしい低コスト生産技術の普及が期待される。
研究分担園芸栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185522
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat