海洋環境調査情報提供事業

海洋環境調査情報提供事業

県名宮城県
研究機関名宮城県水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間H24〜28
年度2012
概要目的
、漁業調査指導船拓洋丸及び翠皓(東北大学から借用)によって,本県沿岸の漁況・海況及び沿岸重要資源に関する調査研究を行い,観測結果を関係機関と共有して長期予報の作成に活用するとともに,漁海況情報や春漁情報として関係業者に速やかに通報し,資源管理と漁家経営の安定化及び計画操業に役立てる。

、成果
、1)海況調査
、・海洋観測結果をもとに,表面及び100m深水温の水温分布図を作成し,宮城県沿岸海域の海況を把握した。
、・宮城県沿岸海域の過去40年間に渡り蓄積された海洋観測データと隣県のデータを用い,偏差持続による予測モデ
、 ル,類似年を用いた予測モデル,主成分スコアの自己回帰による予測モデルのそれぞれを併用して,海況予測を
、 行なった。
、2)重要資源調査
、・コウナゴやオキアミについては漁期前に,主に発生状況及び漁場形成について春漁情報としてとりまとめた。
、3)漁況調査
、・宮城県総合水産行政情報システムで主要魚種の水揚量を調査し,漁海況情報としてとりまとめた。
、4)情報提供
、・調査船による調査結果,水揚情報,漁海況長期予報,各種関係情報等を下記情報として漁業協同組合等の関係機
、 関へFAX送付するとともに,当センターのホームページ上にも同時に公開した。
、・また,オキアミやコウナゴ等春漁の漁業者会議で,海況や資源動向,漁海況予測に関する情報提供を行った。
、・漁海況情報(11回発行):月1回の定線海洋観測調査結果,水揚情報,表層水温モニタリング情報を提供(平成
、 24年4月〜平成25年3月)。
、・春漁情報(4回発行):オキアミとコウナゴについて漁況予測や分布状況,水揚情報等をホームページや漁業者懇
、 談会等で周知を図った。
研究分担企画情報部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185594
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat