「蔵付き」醸造微生物の検索と酒類への利用

「蔵付き」醸造微生物の検索と酒類への利用

県名秋田県
研究機関名秋田県総合食品研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的
、本研究は県内各酒蔵から醸造に適した「蔵付き」微生物を分離 選抜し、酒蔵の個性・特徴を具現化した商品群の開発、販売額の向上を目的に行う。分離 選抜した原株は分離元の酒蔵でのみ使用する専用菌株とし商品の差別化を図り、各酒蔵の個性と物語 性を持つ多様な商品群「蔵付き微生物シリーズ」の開発、商品展開を比較的短期間に全県的に実現す る。二次利用として優良株に改良を加え全県的に使用できる菌株の開発をめざす。
、成果
、(1)酒蔵と共同での商品設計:蔵の伝統的個性・特徴の抽出
、(2)蔵付き微生物の収集:蔵付き微生物の分離 35製造場
、(3)分離微生物の特性解析と選抜:分離微生物の発酵試験、有望株の製造試験
、(4)現場小規模製造試験による商品化検討:5製造場、先行モデル実施。
、(5)秋田蔵付分離酵母シリーズ純米酒先行販売:4製造場4アイテム先行発売。
研究分担酒類
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185674
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat