飼料用米給与牛肉の食味特性の解明

飼料用米給与牛肉の食味特性の解明

県名秋田県
研究機関名秋田県農林水産技術センター畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新(H25)〜(H27)
年度2012
概要目的:牛肉の食味特性を味覚・嗅覚センサーにより分析し、客観的な数値化を図るとともに、官能検査を実施することにより、総合的に飼料用米給与の効果を解明する。また、肉牛に対して飼料用米を給与することで、牛肉の「なめらかさ」や「喉越し」などの食味特性に関与する成分であるオレイン酸含量が高くなる傾向にあるが、オレイン酸を含む脂肪酸組成が実際に食味に与える影響を検証する。
、計画:1)枝肉からのサンプリング2)味覚・嗅覚センサーによる解析3)脂肪酸組成の解析4)官能試験
研究分担飼料・家畜研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185692
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat