東北地域の葉菜畑におけるファイトレメディエーション技術の開発

東北地域の葉菜畑におけるファイトレメディエーション技術の開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜24
年度2012
概要 野菜畑におけるカドミウムのファイトレメディエーション技術を開発するとともに、葉菜類可食部カドミウム濃度に対する修復効果を検証する。
、 浄化植物としてイネ(品種:長香穀)とソルガムを畑条件で4年栽培したところ、土壌中のカドミウム濃度は栽培前後でそれぞれ16.6〜48.3%、9.9〜47.7%低下した。修復後、コマツナを栽培した結果、高濃度のほ場では可食部カドミウム濃度が低くなった。
研究分担食の安全環境部
予算区分受託
、(農水)
業績(1)カドミウム汚染畑土壌のファイトレメディエーション 浄化作物栽培4年間の結果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185738
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat