県産えだまめ利用促進のための鮮度保持・加工技術の開発

県産えだまめ利用促進のための鮮度保持・加工技術の開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜24
年度2012
概要 加工原料用えだまめの生莢をコンテナで冷蔵(約4℃)保存する際に、容量約90Lの市販ポリエチレン袋に直径約0.7mmの針で60〜80個の微細孔を穿孔し包装することにより、保存14日以内の原料で加工した剥き豆と「ずんだ」の緑色と食味の低下が軽減された。
研究分担食品加工開発部
予算区分県単
業績(1)微細孔フィルムによるえだまめの鮮度保持技術
(2)コンテナ冷蔵保存における加工原料用エダマメのMA包装硬化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185748
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat