県産スギ構造用材の天然乾燥スケジュールの開発

県産スギ構造用材の天然乾燥スケジュールの開発

県名山形県
研究機関名山形県森林研究研修センタ−
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜26
年度2012
概要研究内容:県産スギ材の利用拡大を図るため、中小規模製材工場でも可能な天然乾燥と人工乾燥を組み合わせた低コスト乾燥技術を開発する。
、研究成果:県産スギの正角材・平角材の天然乾燥特性の調査を行った。日平均気温−10℃の累計温度と含水率の間には強い相関があり、天然乾燥中の含水率を把握するための指標となる。このようなことから、天然乾燥は乾燥初期の含水率を大きく低減させる低コストな乾燥手法として有効である。
研究分担森林資源部
予算区分試験研究費
、(県単独事業)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185875
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat