震災後の海岸林再生に向けた広葉樹の津波に対する耐性の評価と海岸林造成方法の提案

震災後の海岸林再生に向けた広葉樹の津波に対する耐性の評価と海岸林造成方法の提案

県名山形県
研究機関名山形県森林研究研修センタ−
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要研究内容:広葉樹の津波による被災と回復の状況からから海岸林構成樹種としての適応性を明らかにするとともに、立地条件に適した広葉樹を植栽する具体的な海岸林の造成方法を提案する。
、研究成果:海砂丘クロマツ林内に常緑広葉樹5種、落葉広葉樹17種を植栽し、14成長期経過後の成長調査を行った。生存率が50%を超えた樹種が12種あったが、ほとんどの個体の樹高はクロマツの枝下高に達しておらず、クロマツの樹冠下に生育していた。これらの樹種について樹下植栽に対する評価を行った。
研究分担森林資源部
予算区分試験研究費
、(受託研究)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185879
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat