ブドウ‘シャインマスカット’幼木における商品果房率向上技術の開発

ブドウ‘シャインマスカット’幼木における商品果房率向上技術の開発

県名山形県
研究機関名山形県村山総合支庁農業技術普及課産地研究室
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜26
年度2012
概要‘シャインマスカット’4〜5年生樹を用いて植物成長調整剤の体系的な利用方法を検討したところ、果粒肥大が促進され、無処理では10%程度であった商品果房率が70%程度まで向上した。さらに、青色、緑色の有色果実袋を使用することで慣行の白色の果実袋よりも果皮色の黄化や「かすり症」の発生が軽減され、商品性の高い果房を得られることが明らかとなった。また、新規の肥大促進技術としてジベレリンペースト塗布による果粒肥大促進効果が確認された。
研究分担園芸研究
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030185887
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat