天敵生物等を利用した化学合成農薬低減技術の開発

天敵生物等を利用した化学合成農薬低減技術の開発

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜26
年度2012
概要露地アスパラガス栽培での主要害虫であるネギアザミウマの土着天敵を調査した結果、アカメガシワクダアザミウマとヒメハナカメムシ類の発生が確認された。スワルスキーカブリダニ放飼、ボーベリアバシアーナ剤4回散布を組み合わせることで、ハウスアスパラガスのネギアザミウマ幼虫密度を低く抑えることができた。
研究分担生産環境部作物保護科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186002
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat