耕うん法による吸収抑制技術の開発

耕うん法による吸収抑制技術の開発

県名福島県
研究機関名福島県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H23〜24
年度2012
概要タバコ栽培において深耕が放射性セシウム吸収抑制に及ぼす効果について検討した結果、吸収抑制効果は判然としなかった。草地更新における牧草の放射性セシウム吸収抑制の技術開発に取組み、反転耕による吸収抑制効果を確認した。暫定許容値超過牧草を産出した草地更新ほ場の共通的な特徴として、化成肥料と石灰の施用が不十分で交換性カリが少なくpHが低いことが認められた。
研究分担畜産研究所飼料環境科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186043
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat