会津産スギ材の特性把握と利用技術の開発

会津産スギ材の特性把握と利用技術の開発

県名福島県
研究機関名福島県林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H22-H26
年度2012
概要目的:会津・南会津地方では、カミキリムシ等の穿孔性害虫によるスギ材の変色・腐朽(通称:トビクサレ)の出現頻度が高く、これら低評価材の有効な利用技術の開発が望まれている。そこで、利用選別基準と利活用技術を開発し、会津産スギ材の利用推進を図る。
、成果:めり込み強さ、めり込み降伏強さにおいては、被害部は全て強度基準を上回り、めり込み剛性においては2体を除き基準強度を上回った。
研究分担林産資源部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186064
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat