放射性物質影響解明調査

放射性物質影響解明調査

県名福島県
研究機関名福島県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜完24
年度2012
概要目的:放射性セシウムに汚染された生物を蓄養し、排出を促進する条件を明らかにする。 
、成果:ウニ、ホッキガイ、メバルを餌、水温条件等をかえ飼育し、低減過程を明らかにした。
研究分担栽培漁業部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)被害漁場環境調査(いわき市沿岸磯根漁場調査)
(2)被害漁場環境調査(ホッキガイ稚貝発生状況調査)
(3)東日本大震災が福島県いわき市沿岸漁場に与えた影響
(4)福島県いわき市におけるアワビの資源管理
(5)福島県いわき市下神白で行われてきたエゾアワビIQ管理の評価−I − VPAによる資源量推定 −
(6)福島県いわき市におけるアワビの資源管理
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186080
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat