主要魚の魚体情報(性別、サイズ等)と放射性セシウム濃度の関係

主要魚の魚体情報(性別、サイズ等)と放射性セシウム濃度の関係

県名福島県
研究機関名福島県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜27
年度2012
概要目的:魚体サイズ、雌雄、食性等の魚体情報と放射性セシウム濃度との関係を整理し、放射性セシウムの蓄積に関与するかを検討する。
、成果:17魚種について、放射性セシウム濃度と、食性、時間経過、雌雄、魚体サイズ、水深及び原発からの距離との関係を整理した。
研究分担水産資源部
予算区分県単
業績(1)生態特性に応じた蓄積過程の解明(緊急時モニタリング供試魚における主餌料出現割合に基づく食性区分)
(2)生態特性に応じた蓄積過程の解明(魚介類の餌料生物における放射性セシウム濃度の推移)
(3)沿岸漁業の操業自粛によるマコガレイ資源への影響
(4)福島県海域の餌料生物から検出された東電福島第一原子力発電所事故に起因する放射性Cs濃度の推移
(5)福島県産ベントスにおける放射性セシウム濃度の経時変化および海域差
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186087
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat