リアルタイムPCRを利用した複数ウイルスの一括迅速診断技術の開発

リアルタイムPCRを利用した複数ウイルスの一括迅速診断技術の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター生物工学研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2012
概要目的:メロン・ピーマン・キク等を対象に、それぞれの作物に感染しうるウイルス病を一括して診断できる迅速かつ高精度な遺伝子診断技術を開発する。
、成果:ピーマンやキクにえそ症状を引き起こすキク茎えそウイルス(CSNV)について、セライトを用いた効率的な汁液接種条件を明らかにした。CSNVを接種したピーマンでは、接種7〜10日後に接種葉にえそ病斑が出現し、2週間後には上位葉や茎にも病斑が確認された。また、CSNVのN遺伝子領域を増幅できるPCR用プライマーを作成し、リアルタイムPCR法によるCSNV定量条件を構築した。
研究分担生物防除研究室
予算区分受託(文科省)
業績(1)ピーマンにおけるキク茎えそウイルス(CSNV)のウイルス蓄積量の解析
(2)ピーマン植物体内におけるキク茎えそウイルスとトマト黄化えそウイルスの分布
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186130
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat