新規需要米専用品種における低コスト多収生産技術の確立

新規需要米専用品種における低コスト多収生産技術の確立

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H23〜25
年度2012
概要目的:新規需要米品種の耐肥性や,栽培特性を把握し,米粉用品種としてシンク容量,充填率に注目し生産力の高い品種を選定する。 成果:1)供試した米粉用8品種は,「北陸粉232号」が低収であったが,その他は粗玄米重が85kg/a以上であり多収であった。2)稲発酵粗飼料用品種では,「たちすずか」が籾わら比が0.03と著しく小さく,適していると考えられた。3)目標粗玄米重日本型85kg/a・インド型95kg/aを達成した品種は,「ミズホチカラ」及び「タカナリ」であった。
研究分担水田利用,作物,経営技術
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186192
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat