干しいも用カンショ栽培における作業の省力化・機械化体系の確立

干しいも用カンショ栽培における作業の省力化・機械化体系の確立

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H24〜26
年度2012
概要目的:新たに開発された挿苗機,収穫機を用いて干しいも産地での栽培適応性を検討する。
、成果:挿苗機による移植精度はマルチ無区で高く、マルチ有区では低かった。作業速度は人力より早いため、1 人作業が可能であれば圃場当たり作業量は高まった。挿苗機によるかんしょの移植は斜め挿しであるが、人力の直立挿しと収量、品質に差はない。収穫機の作業速度は遅いが、作業負荷が少なく、コンテナ、袋収穫とも収穫容器に差はなく収穫できた。
研究分担経技
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186199
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat