きのこ類露地栽培における放射性セシウムの動態及び移行メカニズムの解明

きのこ類露地栽培における放射性セシウムの動態及び移行メカニズムの解明

県名茨城県
研究機関名茨城県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H25〜28
年度2012
概要 露地栽培きのこ類の栽培資材及び栽培環境における放射性セシウムの動態を把握するとともに,栽培きのこへの放射性セシウム移行メカニズムを解明する。
研究分担きのこ特産部
予算区分国補
業績(1)春季に発生する野生マイタケの原木露地栽培特性
(2)春に発生する野生マイタケ子実体の品質を向上させるための伏せ込み資材の検討
(3)銅素材のナメクジに対する忌避効果について
(4)栽培技術を現地普及!茨城の春マイタケ
(5)きのこ栽培における銅素材を用いたナメクジ防除
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186271
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat