(2)麦類研究室  、4)水稲・大麦の土壌水分制御による安定生産体系の確立 、ア 水稲・大麦の土壌水分制御による安定生産体系の確立

(2)麦類研究室  、4)水稲・大麦の土壌水分制御による安定生産体系の確立 、ア 水稲・大麦の土壌水分制御による安定生産体系の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜
年度2012
概要目的:生育時期に応じた地下水位管理法を検討する。 
、成果:FOEASほ場のビール大麦は、地下水位を-0.3m以下に制御することにより、湿害を少なくし、収量(整粒重)の低下を低減できると考えられた。
研究分担麦類研究室
予算区分受託(農水)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186335
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat