(8)土壌環境研究室 、7)有機農業栽培技術の確立 、ア 水稲栽培における有機農業技術の化学的解明

(8)土壌環境研究室 、7)有機農業栽培技術の確立 、ア 水稲栽培における有機農業技術の化学的解明

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜
年度2012
概要目的:水田の湛水期間を延長することに より、地力の維持・涵養能力を最大限に活用した水稲栽培技術を確立する。県内で実施されている有機農業栽培水田において、土壌中養分の動態および水稲の養分吸収パターンならびに抑草効果を科学的に解明し、有機栽培技術の普及促進に資する。
、成果:米ぬかの表層施用による一年草の発生抑制効果は、普通植え(6月20日移植)の移植1日後施用では顕著に効果が認められたが、早植え(5月9日移植)では効果が認められなかった。普通植えでは地温が高く、米ぬかが分解され有機酸等が生成することにより抑制効果が発揮されたと考えられる。
研究分担土壌環境研究室
予算区分受託(独法)
、県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030186390
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat